【ショック】ゴールド免許を失う・・・偶然は必然か?

こんにちは。
実は昨日ショッキングなことが・・・。

 

車を運転中、ボーっと考え事をしていて
(そもそも運転中にボーっとしてはいけません)

 

直進と左折は青信号、右折は赤信号。

 

こういうやつです。

 

ほんの一瞬の出来事でした。
右折する0.0001秒前に「あ、右折ダメなんだ」と気づいたのですが、
体の反応できず右折してしまいました。

 

そうしたら警察車両のサイレンが鳴り・・・

 

 

私は15年以上ゴールド免許だったんです。
ほとんど毎日運転してます。

 

(それ以前は交通違反の総合商社でしたが^^;)

 

やっちまったわー!!と、警察官にゴールド免許を提示して、
「ここ危ないからねー。考え事してた?」と言われ、

 

「はい、ちょっとしてました」と答えました。
ゴールド免許なので”今回だけは”と許してもらえるかな・・・とチラっと思いましたが、
そんなワケなく、キップを切られまして。

 

そりゃそうですね。
ボーっと運転していたら危ないですから。
悪いのは私で、とても反省してます。

 

書類書くから待っててーーーと言われ、
あーん、ホントに私のバカバカ。

 

この道じゃなくて、あっちの道を選んでたら・・・
さっきコンビニに寄らなかったら・・・

 

ちょっとでもタイミングがずれていたら、
あの信号が右折が青だったかもしれない。

 

何故、いつもちゃんと右折信号待ちしてる所なのに、
違反したその瞬間に、偶然に警察車両がいるの???

 

なんていろいろ考えましたが、ひとまず、
事故にならなくて良かったんです。
(一応、赤で進んだ信号無視ですから)

 

そこで考えたのは、「偶然て何だろ?」ってこと。

 

私の占いの師匠に、

 

「卜術(ぼくじゅつ)ってどうして当たるんですか?」
と聞いたことがあります。

 

卜術とは、易とかそういう感じのものです。
筮竹(お箸みたいな竹の棒)を使ったり、サイコロを振ったり。

 

あれって、ただの偶然のデタラメなんじゃないかな?
と思っていたので。

 

その時の師匠の答えで納得したのが、

 

「偶然は、その人にとって必要なものが偶然来る。根拠など無い。
それは、人間は全て偶然でできているから」

 

そう言われた事を思い出しました。

 

家に帰るのに別のルートもあったけど、たまたまその道を選んだのです。
その時たまたま、右折が赤になったのです。

 

そこにたまたま通りかかった警察車両に見られたのでした。
(張り込みをしていたわけではない感じ)

 

警察車両がいなければ、捕まることなかったのですが。

 

私は捕まる運命だったのか?というと、たぶんそうではなく、
たまたま偶然にいろんな偶然の重なり合い。

 

でも考えたら、交通事故なんかもそうだ。
たまたまの偶然が重なって、事故になる。
誰も事故したくて事故するわけではないですからね。

 

あの時別の道にしていれば良かった・・・
コンビニでどのお菓子を買うか、もっと悩んでいたら、
タイミングを外せたのに・・・

 

とかいろいろ思う所がありますが、

 

ストレスクリア的には、
これは私の中の何かの価値観が引き起こしたこと。必要があって引き起こされたんです。

 

だから、偶然を恨むのではなく、
これが私にとって良い事だったんじゃないかなと思えます。

 

何故かというと、私はゴールド免許だからって慢心していたのかも。
だから緊張感無くボーっと運転いたんです。

 

本当の本当に、昨日捕まらなければ、
近々、交通事故を引き起こしていた可能性が大きかったかもしれないです。

 

(交通事故の可能性はいつでもありますね。いつもしっかり気を付けて運転せねば^^;)

 

今日から3か月無事故無違反だったら、今日の分2点は消滅するとのこと。
でも次回の更新時にはブルーの免許証になります。

 

これを戒めと思い、ボーっとすることなく車の運転をしようと心に決めたのでした。

 

>>>ストレスクリアのセッションメニューはこちら

 

幸せを呼ぶ「波動の基本」Book をプレゼント(PDF版)

自分の人生のすべては、自分の波動が現実となって還ってきたもので、自分の現実のすべては、過去の自分の波動でできている。

という、宇宙の法則をご存じですか?

波動は、意識しなくても、自分から常に溢れ出しているものです。

現実を変えるには、自分の波動を変えるしかないのです。
例えば、現実を豊かにしたいなら、自分の波動を豊かにするしかないし、愛されたかったら、自分の波動を愛にするしかない。

これを読めば、そんな波動の基本が良く分かり、幸せを呼び覚ますことができます。

ぜひ、ダウンロードしてお読みください。