知らなかったけど、私ってアダルトチルドレン

この前知ったのですが。

 

私ってアダルトチルドレンだったんです。

 

アダルトチルドレンとは言葉的に、大人になりきれていない子供という感じがしますが、そうではなく

「子供のころに親から受けた心の傷を、癒すことなく大人になってしまった人」
「自分の生きづらさが親との関係に起因する人」

とのことでこす。

 

でも私は親から虐待されていないし、いたってごく普通の家庭で育ったので
生きづらさは感じていても、親のせいではない・全部自分のせいって思っていたんです。

 

↑そんなところがまさにアダルトチルドレン(隠れアダルトチルドレン)なのですが・・。

 

シロツメクサ

 

 

私には、劣等感、自己否定、自己価値観が低い、自己評価が低い、自信がない、
やる気が出ない、めんどくさがり、人間関係が苦手、生きている意味や価値が見いだせない、
買い物依存症、何か間違っている気がする
等がずーっとありました。

 

原因は、小さい頃友達関係で失敗した時の心の傷が癒えていないからだと思って、
カウンセリングやヒーリング、セラピー、スピリチュアルなど、様々な手法を使ってあらゆることをやりましたが、

 

その時は良くても根本解決になっていないため、結局変わらず繰り返してしまいます。

 

 

夕焼け

 

「機能不全家族」で育った子供は、アダルトチルドレンになる傾向があるというのですが、
機能不全家族とは、家庭内に心理的(精神的)虐待、肉体的虐待、性的虐待が存在する家庭のことです。

 

私は親から虐待を受けてないし、育ててくれて感謝の気持ちしか無いので
毒親だなんて思ったこと無いから関係ない・と、今まで完全スルーしていたのですが、

 

きちんとした父母のもとで育ったとしても

「子供の価値を認めない」

「どこかで否定的だった」
「認めてくれるけど褒めてくれなかった」

程度のレベルのことであっても子供は自尊感情を持てず、
自己肯定感を育めないまま育ってしまうこともある

 

ということです。

 

そういうことなら・・・と思い起こせば、

 

母はいつも機嫌が悪くて、愛情表現をしてくれなくて、
お友達を褒めて私をあまり褒めてくれなかった・・・

 

等、ちょこちょこ出て来まして、
でも、その程度ならどの家庭でも普通にあるんじゃないかな~と思いまして。
それならほとんどの人がアダルトチルドレンになってしまいますよね。

 

ただ、そこにその時の親のかかわり方が大きく関わってくるのがポイントなのだと思います。
実は母に対しては上記のような思いの他にもいろいろありましたが
育ててくれた親に対してそんなことを思う私が悪いと思って、ずーっと感情に蓋をしてきたんですね。

 

それがその後ずーと続く、原因のわからない罪悪感につながっていたことが分かりました。

 

とりあえず、アダルトチルドレンに育てられた子供は、必ずといっていいほど
アダルトチルドレンとしての生きづらさを抱えてしまう(世代間連鎖)
ということなので、娘に移ったらヤバい!早急に何とかしなきゃ!と思った次第でした。

 

次回に続く

幸せを呼ぶ「波動の基本」Book をプレゼント(PDF版)

自分の人生のすべては、自分の波動が現実となって還ってきたもので、自分の現実のすべては、過去の自分の波動でできている。

という、宇宙の法則をご存じですか?

波動は、意識しなくても、自分から常に溢れ出しているものです。

現実を変えるには、自分の波動を変えるしかないのです。
例えば、現実を豊かにしたいなら、自分の波動を豊かにするしかないし、愛されたかったら、自分の波動を愛にするしかない。

これを読めば、そんな波動の基本が良く分かり、幸せを呼び覚ますことができます。

ぜひ、ダウンロードしてお読みください。