小学2年生の娘がボーっとしているので、ブチ切れ・激おこ

普段、怒ってもあまり怖いと思われないのですが、ヒステリーになると、さすがに怖いですヨ👹

 

ミカンちゃん(小2)の小学校の夏休みが終わって、今朝登校しました。

 

台風一過で、今日はとっても蒸し暑い日でしたね。

 

そんな日に、久しぶりにミカンちゃんを泣かせるほど怒ってしまう事態が発生しました。

 

ミカンちゃんが帰ってきて早速、
「夏休みの宿題を先生に出した?」と聞いたら、

 

「え?(ランドセルに)入ってなかったから、出さなかった」

 

って言うんです。

 

ランドセル

 

「え?今何て言った?(-_-#)ピキッ

 

朝ランドセルの準備をした時に、私は確かに入れたんです。

 

透明の、ファスナーが付いているフォルダーに、「これの中に夏休みの宿題やったやつ入れるから、出すんだよ」と、朝、確かに確認したんです。

 

案の定、ランドセルの中を見たら、ありました。

 

ミカンちゃんたら、ボーっとしてて人の話を聞いちゃいないし、見ちゃいない。

 

私はホント、激オコで、ヒステリックにわめき散らしてしまいました。

 

宿題の問題集は、7月中に終わらせていたのです。
その他のプリント、毎日記録するものもちゃんとやりました。

 

クラスのみんなは今日宿題を提出しているんだし、今日出さなかったら、
夏休みの宿題が終わらなくて、今週末に必死にやるのと同じことになるじゃないですか。

 

許せないんですよね。
それだと「母親がちゃんとしていないから」と思われるじゃないですか。

 

私はミカンちゃんに夏休みの宿題を、ちゃんとやらせました。
そして朝、提出するようにちゃんと確認しました。

 

それなのに、
その努力が無駄になるようなことが、どうしても許せなかったんです。
(ミカンちゃんの頑張りはもちろんですが、私の努力が・・・)

 

だから、すぐに学校に電話して担任の先生の所に持って行って、事情を話して受け取ってもらいました。

 

ミカンちゃんはボーっとしていて、しっかりしていないので、もっとちゃんとして欲しいなと常々思っているのですが、でも確実に、これは私の問題なのです。

 

私の心の中の何かが引き起こした以外の何物でもない。

(これ系のことは実は以前もあって、繰り返している。確実に、私の問題)

 

これは早速、ストレスクリアで解決していきたいと思います。

 

その後をご期待くださいませ(^-^)♪

 

 

幸せを呼ぶ「波動の基本」Book をプレゼント(PDF版)

自分の人生のすべては、自分の波動が現実となって還ってきたもので、自分の現実のすべては、過去の自分の波動でできている。

という、宇宙の法則をご存じですか?

波動は、意識しなくても、自分から常に溢れ出しているものです。

現実を変えるには、自分の波動を変えるしかないのです。
例えば、現実を豊かにしたいなら、自分の波動を豊かにするしかないし、愛されたかったら、自分の波動を愛にするしかない。

これを読めば、そんな波動の基本が良く分かり、幸せを呼び覚ますことができます。

ぜひ、ダウンロードしてお読みください。