自分の笑顔が嫌いでした

こんにちは。

ストレスクリア®実践認定コーチ/トレーナー
田園都市教室長のバランタインさおりです。

家庭の中での、お母さんの役割は大きいです。
(お父さんの役割も、もちろんそうですが)

子供は大好きなお母さんに「大好き」
って言ってもらいたい。
大切な存在だよって思われたい。

だから、もしもお母さんが不機嫌だったら、
「私が悪いことをしたからかな」
「私が良い子じゃないからかな・・・」と、
自分を責めてしまいます。

そんな感じで、知らず知らず純真無垢な子供に
”罪悪感”を植え付けてしまいます。

お母さんの態度はとても重要です。

ママ 笑顔

セッションを受けて下さったクライアント様のご感想を、
ご承諾を得て掲載させていただきますね。

その当時は分からなかったのですが、
今思えば、母は自分のことでいっぱいいっぱいで
子供達に関心が薄い母親でした。いつもボーっとしているか、不機嫌な顔をしていました。私は何とかして母を喜ばせたくて、いい子を演じました。
しっかりしたいい子と評判を得るたびに、
母は喜んでいるようでした。父は厳しい人でしたので、母はいつも怒られていて、
滅多に笑いませんでした。
笑顔が無い家だったと思います。それなので、私も自分の笑顔が苦手です。
いつも笑顔な人が羨ましいな~と思います。

さおりさんのセッションを受けて、

お母さんがいつも笑顔だったら、どうだったか・・・との問いに、

「妹も兄も私も、もっともっと幸せだったと思う」と答えました。
すると涙と共に心の中の塊が、スーッと溶けた感じがしました。

そうなんですね。
笑顔って、こんなにも大切なものなのですね。

笑顔ってなんだか苦手で、笑顔でいなければと無理をすればするほどぎこちなく、
私ってダメだーと自己嫌悪に陥りましたが、
この日以来、何故か笑顔でいることに抵抗が無くなりました。

自分の家族を幸せにしたいという想いと、
笑顔でいる大切さが身に染みたからでしょう。

これからは、大切な家族のために、
笑顔のお母さんになろうと思います。

ありがとうございました。
(M.K様)

 

笑顔でいられるようになって良かったです。

私も、自分の笑顔って”照れ臭い”と思ってしまうタイプなのですが^^;
家族にとって、お母さんの笑顔はとっても重要なエッセンスですよね!

 

 

 

幸せを呼ぶ「波動の基本」Book をプレゼント(PDF版)

自分の人生のすべては、自分の波動が現実となって還ってきたもので、自分の現実のすべては、過去の自分の波動でできている。

という、宇宙の法則をご存じですか?

波動は、意識しなくても、自分から常に溢れ出しているものです。

現実を変えるには、自分の波動を変えるしかないのです。
例えば、現実を豊かにしたいなら、自分の波動を豊かにするしかないし、愛されたかったら、自分の波動を愛にするしかない。

これを読めば、そんな波動の基本が良く分かり、幸せを呼び覚ますことができます。

ぜひ、ダウンロードしてお読みください。