はじめまして

ご訪問ありがとうございます。

ストレスクリア®コーチのバランタインさおりです。

 

 

 

白ワイン・ウイスキーが大好きなのんべえです。 お酒やめました。

 

・私なんか重要じゃない

・私なんかにできるわけがない

・自分に価値なんて無い

・私なんかダメダメだ

・本当に好きな事がわからない 

 

このように感じていて、就職・転職、恋愛・結婚、子育て、対人関係がうまくいかなくて、生きづらさを感じている女性が、

 

自己重要感(自己価値・自己肯定感)を高めて大切にされ、願いがどんどん叶って、自分の本当に好きな事をやって魂を輝かせるキラキラキラキラキラキラ

 

お手伝いをさせていただいています。

 

まばゆい光のパワーじゃないと人を幸せにできないと思っていませんか?

 

あなたの闇にはそれと同等の、もしくはそれ以上の力が潜在しています。
その力を覚醒させて幸せの流れに乗り、思い通りの人生を生きる方法を伝授します。

 

私なんて重要じゃない・・・と、自分を卑下して今までの人生、理不尽に損をしてきたあなた。

 

あなたは本当は価値があって、それを認められたら、もっともっと幸せになれます。

 

お子さんを賢く、自律し、人から愛される幸せな人間に育てるには、まずはお母さんが幸せにならなければいけません。

 

お母さんのコンプレックス、劣等感、自己否定感、自己無価値感が強ければ、その親に育てられた子供には、間違いなく連鎖します。

 

お子さんの幸せ、家族の幸せのために、まずはお母さんから幸せになりましょう。

 

本当の自分と繋がれば繋がるほど、自分本来のエネルギーを取り戻すことができ、自分の力で問題を解決したり、願望を叶えたりできるようになります。

 

すると、存在するだけで自分も周りも幸せにすることができる人になれるということを、お伝えしています。

 

プロフィール

バランタインさおり

11月13日生まれ(さそり座)
アラフィフ
O型
宮城県仙台市出身

 

趣味:
海にドライブ、お花、仕事
音楽は、20代はソウルミュージック、
30代はサルサに熱中していたためラテン音楽、
40代は昭和の歌謡曲を好んで聞いています。
現在は、米津玄帥さん。

 

得意なこと:
フワフワしてないスピリチュアル、安全運転

 

不得意なこと:
お料理・手芸

 

好きな食べ物:
スパゲティー(前世はイタリア人かというほど、パスタ大好き)

 

一番大切なもの:
私の家族

 

資格:
オーラソーマ認定プラクティショナー
日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定1級
直傳靈氣師範格
ストレクリア ®実践コーチ・トレーナー
TCマスターカラーセラピスト・トレーナー
カラーメンタリスト®
その他

 

ハワイ

20代の時ハワイに住んでいました。

 

人生の略歴

生まれてから小学2年まで

 

私の出身は宮城県仙台市で、父・母・兄・妹・私の5人家族。
3人兄弟の真ん中として育ちました。

 

父は仕事人間で厳しい人でした。
父はいつも母の事を怒っていたから、
両親の仲は悪いのだと勝手に思っていました。
(後から聞いたら、別に悪くは無かったらしいけど)

 

母はいつも何かに悩んでいて、
眉間にシワを寄せて不機嫌な顔をしていました。
クヨクヨ、ベソベソしていました。

 

父は長男である兄に、とても厳しい人でした。

 

兄はクヨクヨベソベソした母に育てられたので、
クヨクヨベソベソした性格になったようで、
小さい頃からいじめられていたようです。

 

私はお友達にも恵まれて、何事も順調でした。
途中までは。

 

私は小学1‐2年生の時、視力が低かったので眼鏡をかけていて、
学校で男子に「メガネざる」と言われていました。
それがとてもイヤでした。

 

メガネの女の子

 

小学3年生~中学・高校時代

 

小学校3年生の時、仙台から東京に引っ越してきました。
それを機に、眼鏡をかけなくなりました。
すると視力が1.2ぐらいに上がりました。

 

メガネをかけなくなってメガネざるの時より可愛くなり、
気分も上がり、転校生ということで皆に親切にしてもらい
小学校3‐4年の時は、お勉強も運動も、
友情も恋愛も全てうまくいっていました。

 

叶えたい願望は、どんどん叶って、
思い返せば人生で一番充実していた時期でした。

 

5年生頃から「いい子じゃなきゃいけない」
と思うようになり、学校では優等生。
でも少しずついろいろなことがうまくいかなくなってきました。

 

6年生の時に友達とのトラブルで、自分のことが大っ嫌いになり、
それからというもの、中学校でも部活でうまくいかなかったり、
お友達とトラブルがあったりで、中学・高校は楽しくなかったです。

 

落ち込む女の子

 

家庭環境・・・子供の心が壊れていく

 

話は戻りますが、私の母はいつも不機嫌そうな顔をしていて、
自分の悩みでいっぱいいっぱいの人でした。

 

子供ながらに、そのように見えていました。
笑顔が無く不愛想でした。
だから私も、笑顔が無く不愛想な人間でした。

 

小学校高学年頃から、母の実母の話を聞くようになりました。
(母が小さい頃に病気で亡くなった)

 

私には4つ下の妹がいるのですが、妹にではなく兄でもなく、
私にそのような重い話をしてくれているんだという、
特別感・優越感を持つようになりました。

 

お母さんは大変だったんだから、私が優しくしてあげよう。
機嫌が悪そうだから、私がお母さんを喜ばせてあげよう。
妹や兄には出来ない。私だからできる・と思って、
先生に褒められる“いい子”でいました。
妹の面倒もよく見ました。

 

東京に引っ越してきてから母はパートを始めて、
そのパート先で大切にされて、職場の人とも仲良く、
とても楽しい様子でした。

 

私は母が楽しそうにしているのが嬉しかったのです。

 

でも、妹はそうではなかったのです。
いくら私が面倒をみたといっても、当時小学生だった妹は、
学校から帰ったら母が家にいないのが淋しかったようで、
精神のバランスを崩して問題行動を起こすようになりました。

 

ブルー

 

私の方はというと、
母が楽しくて幸せそうなのは嬉しかったのですが、
どこかに自分を認めてくれない淋しさがありました。

 

それは何かというと、
母は、私が話を聞いてもらいたくて話をしても
いつもいつも私の話を途中で遮って、自分の話にしてしまうのです。

 

母に話をちゃんと聞いてもらえなかったために、
「私の話など重要ではない」と思うようになり、
私は話しをするのが苦手になりました。

 

お友達と話をする時も、内心
私の話など面白くない、私の話はどうせ聞いてもらえない
とばかり思っていました。

 

そう考えて恐れと不安でいっぱいだと、
それが現実化してしまいますよね。
周りの人はどう思っていたか分かりませんが、
私は自分で自分のことを、つまらない人間だな~と思っていました。

 

そしてその先、”私など重要ではない”という思いと
こんな自分ではダメなんだ、素晴らしい人間に変わらなければと、
自分をどんどん追い込んでいってしまいました。

 

兄はベソベソした性格でメンタルが弱く、
その後も自分に自信が持てずに辛い人生を送っているようです。
(仲が悪いので、あまり詳しく知りません)

 

母がもっと兄と妹に気を配ってくれていたら、
兄と妹の心のケアをちゃんとやっていたら、
二人とももっとラクに、幸せに生きられたのにな~と思っていました。

 

私は以前からメンタルのことを学んでいたので、
自分のケアは自分でやっているし、
元々メンタルの問題などないから大丈夫と自負していました。

 

でもそういう私も精神的な大きな問題に蝕まれていたことを、
50歳手前で初めて知ったのでした。

 

今にして思うと実は私こそが、
母からのケアを必要としていたんです。

 

 

大学生時代~各依存症が勃発

 

親元を離れた大学時代からのことを思い返すと、
諸々の依存症がありました。

 

買い物依存

摂食障害

買い物依存

恋愛依存

愛着問題(アダルトチルドレン)

(社会人になってから、薬物依存がありました)

 

一人暮らしをするようになって自由を謳歌していましたが、
その生活は滅茶苦茶なものでした。

 

学校にほとんど行かないで
昼も夜もアルバイトばっかりしていました。

 

仕送りももらっていましたが、
入金されるとすぐに使い果たし
アルバイト代で遊びや買い物ばっかりしていました。

 

18歳くらいって、女子はちょっとぽっちゃりしますよね。
私も、ちょっとぽっちゃりしたのですが、
“太っている自分は愛されない”という強迫観念があり、

 

一生懸命ダイエットして、大学一年の夏休み明けには
自分で納得するほど、とてもスリムになりました。
ぶっちゃけ、スタイル抜群でした。

 

でも、そこから地獄が始まりました。
このスタイルをキープしなければ。
太ってはいけない、でも食べずにはいられない。

 

人は、心に空虚感があると、
それを何かで満たそうとするんですね。
私も淋しかったので、何か口に入れなければ
気持ちが収まりませんでした。

 

それから毎日のように食べ吐きが始まりました。
(摂食障害)

 

すると、お金も食べ物も無駄にしているという
罪の意識にかられるんですね。
精神的にも不安定な状態だったと思います。

 

私、何やってるんだろう・・・と、
罪悪感と空虚感でいっぱいでした。
でも、止められない。
私ってバカバカ・・・と自分を責める。

 

大学生になったことだし、思いっきり恋愛をしたいと思って
相手を探しますが、誰かを好きという気持ちよりも
“つまらないし淋しいから早く恋愛をしたい”という気持ちが先走り、

 

ちょっとでもいいなと思ったら、
すぐに恋愛モードになる感じでした。(恋愛依存)

 

つまらない毎日を、淋しさを、
ただ埋めたかっただけですね・・・。

 

昼も夜もアルバイトして、得たお金でお洋服やバック、
アクセサリー等を買いまくっていました。
お金がマイナスになっても、カードで買いまくっていました。
(買い物依存)

 

これを書いていて、
私って相当ヤバい奴だったと思います(-_-;)
当時は依存だなんて、全く思ってもみなかったですが。

 

私も、愛情に飢えている人だったのでした。

 

虐待やネグレクトなど無く、一般的な家庭に育った
(と思っている)ので、
両親が仲悪そうとか、母がいつも不機嫌とか無関心とか、
話を聞いてくれないとか褒めてくれないとか、

 

それくらいはどこの家庭でもあると思っていたので、

 

私の異常行動は若気の至りで、
私が未熟だったから起きたものだと思っていたのでした。

 

確かに若気の至りでバカだったのですが、
そうなる理由があったのでした。

 

love your self

 

25歳~35歳 自己肯定感が低く、婚活地獄にはまる

 

20代は空虚感を感じながらも、
若さと勢いでけっこう滅茶苦茶なことをやって
それなりに楽しかったと思います。

 

かなりパワフルで無鉄砲。
よく命があったな・・・と思います。
その時の話はこちら>>>滅茶苦茶な20代

 

30歳で婚活を始めて、5年間婚活地獄で苦しみました。

 

周りはどんどん良い人と結婚していって、一人取り残され状態。
「私なんかどうせダメな人間だ」と自己肯定感が低く、
結婚すれば幸せになれるんだと思ってたので
とにかく結婚しなければ!と焦っていたし、
結婚できない自分を責めていました。

 

必死さがビンビンに溢れ出していたので、
悲壮感が漂っていたのではないかと思います。

 

漂う雰囲気が幸せの雰囲気ではなく、
不幸・孤独・依存の雰囲気だったから、
男の人は逃げ出したくなりますよね。
不倫したい男の人ばっかりが寄ってきました。

 

 

婚活を始めた頃はすぐに結婚できると思っていたけど、
そんな感じでしたのでますます結婚が遠のいて、
結婚できなくて苦しい日々が5年も続きました。

 

因みに、30歳から35歳まで趣味でサルサに熱中しました。
その時の話はこちら>>>30歳からサルサに熱中する

 

当時、風水の先生に
「結婚する相手は年収1000万円以上の人にしなさい」
と言われていましたので、それに従い、
そんな条件を付けていました。バカですね💦

 

その間、淋しさ・不安・焦りでおかしくなりそうでした。

 

35歳にもなって、いよいよもうダメだと思った時、
年収1000万円以上という条件を取り除いて
結婚に執着と依存するのをやめて、
一人でも生きていけるようにしようと考えを改めたら、
良い人と巡り会って、無事結婚できました。

 

そして、一軒家も建てて、
無事子供も生まれて幸せに暮らしていました。

 

しばらく、幸せな状態が続いていたので、
カウンセリング・セラピー・スピリチュアルのはもう止めました。

 

36歳~49歳(結婚・出産・子育て期)~現在

 

結婚後、なかなか子供ができなかったので、
妊活のためにお勤め先を退職しました。

 

いつか自宅サロンをやりたいと思っていたので、
アロマの資格を取り、アロママッサージの講習も受けて
自宅の一室をヒーリングサロンとして開業しました。

 

私は元々、喋るよりも人の話を聞く方が好きでした。
小・中学校の頃は、よくお友達の話を聞いて、
元気にしてあげるということをしていました。

 

なのでそのうちに、メンタルの方がやりたくなり、
当時人気があった「シータヒーリング」を知り、
とてもハマりました。
講座をたくさん受けて、かなり熱中して学びました。

 

同時に天使ワークなどもメニューにあれば楽しいかなと思って、
習いに行ってメニューに加えました。

 

自宅サロンでは、
そういったヒーリングや講座を提供しました。

 

ヒーリングやスピリチュアルで、心が軽くなったり
清らかになったりする感じはありました。

 

でも次第に、今のままの自分じゃ足りない、
もっともっとハイレベルじゃなきゃ。
もっともっとすごい自分にならなければ。
もっともっとレベルアップしなければ!という思いに
苦しみました。

 

そう思ってワークをすればするほど、
レベルアップするどころかどんどん心が曇ってきて、
お客様も減ってきて、恐怖と不安の中
ついにヒーリングサロンを廃業しました。

 

以来、ヒーリング・スピリチュアル系からは
すっかり足を洗いました。
自分が依存していたものを手放すと、スッキリしました。

 

手放す

 

今思えば、自分が癒されていないから自分を認めることができず、
自己否定ばっかりな状態だったので、続けるのは困難でしたね。

 

生徒さんにはヒーリング技法のテクニックをお伝えした形になります。
私などよりもすごくなって、それぞれの道でご活躍されている方が多数です。

 

その後は子供を保育園に通わせて、
私は派遣社員として外資系の企業に勤務しました。
忙しい部署のアシスタント業務です。

 

私はOL時代、秘書やアシスタントの経験が豊富でした。
自分がメインでやるよりも人をアシストする方が好きです。

 

お仕事を健気に真面目にやっている風に見えるのですが、
頭の中はいつも、別の事を考えていました。
また再び企業すること・副業のことetc。

 

勤務していた外資系の会社は、
とっても素敵な社風の会社でした。
アシスタントのお仕事も気に入っていました。
苦手な人もいたけど、いい人もたくさんいました。

 

でも自己肯定感が低いせいか、
”私なんか派遣で正社員の人に劣るし、どうせ必要ないでしょ”
といつも思っていました。

 

その契約期間は3年くらいと最初から聞いていたので、
私もそのつもりでいました。

 

その頃から副業でアフィリエイトをやっていました。
アフィリエイトというのは、インターネット上に広告を出すお仕事です。
ちょっと胡散臭い、怪しい系というイメージがありますが、
ホントにそうです(笑)

 

多くの人が経験するように、詐欺的な情報商材を買ってしまって、
たくさんのお金を無駄にしましたが、
一つだけ、まともな商材に出会いまして、
真面目にやったら2年で本業を超える年収となりました。

 

アフィリエイトを始めた最初の頃は、
子供と一緒に夜9時に寝て、朝方3時に起きて作業。
(睡眠時間は6時間確保できますからね)

 

6時に家族が起きてきて、朝の準備をして、
夫を送り出して子供を保育園に送って、そして自分も出勤。
会社の休み時間にササっとアフィリエイトするという感じでしたが、

 

最後の2年間は、あまり何もしなくてもその金額になっていました。

 

派遣の契約が終了後、本業としてアフィリエイトに取り組もう思ったら、
アフィリエイト界での基準が変更になり、
もうアフィリエイトで収益を得ることは出来なくなってしまいました。
つまり、今まで積み重ねてきたものがゼロに。

 

そうなる事は以前から言われていて知っていましたが、
思ったよりも早く来てしまった感じでした。

 

さて、次は何をやろうかなと考えていた頃、
「今まで何をやっても変われなかった人が、このコーチングで変われる」
という、ストレスクリア®コーチングの情報を目にしました。

 

今まで何をやっても変われなかった人が、このコーチングで変われる

 

これはやらなければ!と私の中のセンサーが反応しました。

 

ちょっと怪しいなとは思いましたが、
説明会ではいろいろな方の体験談を聞けたし、
これでダメなら本当にダメなんだと、
ダメ元々でやってみることにしました。

 

実はその頃、不快な出来事がポツポツと起こり始めていたのです。

 

実は人生初、お酒で大失敗しました。
それというのは、保育園の保護者会の飲み会で
園や先生に対して暴言を吐くという失態。しかも記憶がない。
(周りの人の証言有りなので事実)

 

更にその後、園とトラブルを起こし、
本当にしんどくて鬱の一歩手前まで行きました。
子供や夫にまで迷惑を掛けたけど、
退園することで自分を何とか守れました。

 

アフィリエイトの収入が1,100万円から
100分の1になってしまったこともそうです。

 

全て意味がある事だと思います。

 

本当の自分の気持ちにウソをついて
周りに合わせようとしていたから。
そして、本当の自分が感じていることに気づいてあげなくて、
心の闇をそのまま放置していたから、

 

そろそろホントに分かってくれないと困るよ
ってことだったのだと思います。

 

ストレスクリアコーチングの学びの道に入りましたが、
実は他の選択肢もいろいろあったのです。

 

せっかくウェブの知識も身に付いたので、
別の方式のアフィリエイトや、Webライティングや
Webデザインなどもいいなと思っていて、
実際着手もしていました。

 

でもストレスクリアで自分を深めることの方が重要だと、
心のどこかで分かっていたんですね。
他の事は一旦中断して、ストレスクリアだけに集中しました。

 

ストレスクリアの学びを進めて、トレーナーの資格も得ました。

 

初めはぜんぜん心に響かなくて現実もちっとも変わらなくて、
何をやってもダメだった私は、やっぱりダメなんじゃないかと絶望して、

 

変わりたい一心で一生懸命学んでたくさん苦しんで、
それなのにぜんぜん変わらなくて、
「一体、何が分かったら良いのですか?」と
泣きながら講師に訴えたこともありました。

 

この紆余曲折・すったもんだありましたが、それは別ページにて。

 

やっとのことで、ストレスクリアの本質を理解することができて、
本当の自分を取り戻すことが出来ました。

 

長い長い道のりでしたが、本当の自分を取り戻したことで
人生が生きやすくなったと実感しています。

 

 

私が以前、自宅サロンでヒーリング・セラピーを提供していた時は、

 

お母さんが幸せなら、家族が幸せ。
一家に一人セラピスト
を理念としてやっていました。

 

今もベースは変わらないですが、

「子供を幸せにしたい・そのためには私が幸せであること」
まずはお母さんの未消化の感情が癒されることが最重要で、
私の体験を通してお子さんを幸せにしたいお母さんに
お届けしたいと思っています。

 

未消化の感情が癒されると、現実が変わります。
今まで何をやってもダメだった私が、
ここまで変わることができました。

 

目の前の現実は、自分の心の中を映し出したもの。
これが心理学でも言われている心の法則です。

 

もし、目の前の現実が思い通りになっていなかったら、
気づくべき何かがある。(未消化の感情)
ということなので、

 

まずは自分と向き合う事から始めましょう。
気づくべき何かに気づいていくと、
本来の自分で生きられるようになり、
ものごとが上手くいき、幸せな人生を送れるようになります。

 

女性にとって重要なのは、自分の本当の感情を知ること

 

私の母も愛着障害ではないかと思います。
小さい頃に実のお母さんが亡くなって、
母親の愛情というものをほとんど受けないで育ったと思うのです。

 

母のお父さん(私から見たらおじいちゃん)は学校の先生で忙しく、
新しいお母さんが来たけど、あまりお世話してくれる人ではなかったみたいです。

 

母はまだ小学生だったのに妹や弟の面倒を見て、家の事もやって、
子供らしく親に甘えたりできなかったのでしょう。

 

そんな風なのに、母は普通に私たちを育ててくれたのだから、
私たち兄弟はみんな、悪い親だなんて1ミリたりとも思っていなくて、
みんな本当に母に感謝しているんです。

 

ただ、私だけが気が付いてしまったのです。
母はもっと、子供達に気を配るべきだったと。

 

ある夏休みに実家に帰った時、母が言っていました。
「みんな手がかからなかった。お母さんは子育てで全く苦労しなかった」

 

(あー、そうなのね・・・よかったね)って思いましたが、
実は私たちがこんなに辛い思いをしていたとは、
夢にも思っていないでしょう。

 

でもいいのです。
そのまま子育ての苦労が無かったという思い出のまま
過ごして欲しいなと思います。

 

母を癒したい。
兄を癒したい。
妹を癒したい。

という思いがあります。

 

でもまずは自分を癒すことだなと思い、この数年間取り組んできました。

 

カウンセリング

天使ヒーリング

レイキ・霊気

スピリチュアルセラピー

インナーチャイルドセラピー

パワーストーン

ヒプノセラピー

呼吸法

波動セラピー

引き寄せ

幸せになる方法

願いを叶える方法

サブリミナル

風水

神頼み and more・・・・

 

幸せになるためにいろいろやったけど、どれも効果を感じず、
イイかなと思ってもリバウンドで戻ってしまう。

 

各ヒーリング・セラピーを受けたその時はいいけど、
根本的な解決になっていなかったからです。

 

各依存症や愛着障害などで、
自分を責めて自分を否定して生きてきましたが、
突き詰めていくと、深い深い“淋しさ”がありました。

 

分かったことが、

 

本当はもっと母に構ってもらいたかったし、
もっともっと愛してもらいたかった。
母に嫌われたくなかった。
母の事が大好きだった。

 

同時に、そうしてくれなかった母に対して、
心のどこかに怒りの感情もあることを認めたら、
心がふわっとラクになって、
私を取り巻く現状が変わってきました。

 

自分で自分に隠していたこの感情。
自分はこんなこと、思っていたんだと全く知りませんでしたが、
ある時、この感情にやっと気づいてあげることが出来ました。
これを知った時は衝撃的でした。

 

今まで気づいてあげられなくてゴメンね。
(インナーチャイルドセラピーとか退行催眠やスピリチュアルワークなど、
いくらやってもここまでたどり着けませんでした)

 

今まで自分のこの気持ちに気づいてあげられず、
見ないようにして、この感情にフタをしていたので、
いろいろな厳しい現実を引き起こして、
気づいてよ・気づいてよと示してくれていたのです。

 

 

このような経緯があり、
お母さんが子供の話を聞いてあげて、何かあったら相談に乗ってあげる。
そういうのって大事だなと思っています。
母に話を聞いてもらえなくて悲しかった背景があるからかなと思います。

 

当方では、自分が自分に隠している未解決の感情を見つけ、
本当の自分と一致させていき、お悩みを解決し、
望む未来を創っていくという、
最も効果を望める最新の心理学の手法を提供しています。

今まで何をやっても自分が変われなかった方、
本気で望む現実を手にしたい方、
一緒に歩んでいきましょう。

 

企業理念
お悩み解決の更に向こうへ!
クライアント様が、自己重要感(自己価値感・自己肯定感)を高めて、大切にされ、願いがどんどん叶って、本当に好きな事をやって魂を輝かせるキラキラ

 

多くの素晴らしい出会いを楽しみにしています。

 

>>>日本一成果が出やすくて再現性が高い、最新の心理学 ストレスクリア®コーチングとは?

 

バランタインさおり

一般社団法人 ジャパンストレスクリア協会
実践コーチ/トレーナー 田園都市教室長